学生におすすめ!知っておきたいブラックアルバイトの相談先

コレだ!学生アルバイト特集

Special

ブラックアルバイトの相談先

学生の本分はあくまで学業。遊びもアルバイトも大切ですが、勉強をおろそかにしていては本末転倒というものです。しかしアルバイト選びに失敗してしまうと、雇用主の方から学業を犠牲にしてアルバイト先への奉仕を強要されるような場合があります。これからアルバイトを始めようとしている人は、ぜひこの「ブラックアルバイト」についての知識を持ってからアルバイトに応募するべきではないでしょうか。そこで「ブラックアルバイト」の基礎知識について説明します。

ブラックアルバイトってなに?

ブラックアルバイトをひとことで言うと、「学生を尊重しないアルバイト」です。アルバイトは社員に比べれば低賃金。また学生という身分で働いている場合は、あくまで生活のメインは学業にあるはずです。しかし、ブラックアルバイトではそんな学生側の事情を考慮することなく、無理なシフトを入れられてしまったり、テスト期間中なのに休みをもらえない、残業を強要されるといったことが起こっています。アルバイトでの疲労がたまって講義中に眠ってしまったり、講義中であってもアルバイト先からの電話に対応しなければならなかったりと学生としての本分をまっとうできない状態にされてしまうのです。
このような到底納得できない扱いに対して、さっさとアルバイトを辞めてしまえば良いのにと思う人もいるかもしれません。しかし、これも社会経験の一部と学生自身がブラックアルバイトを肯定してしまったり、学生生活を送るためにはアルバイト代が必須で、それを理由にアルバイトを辞めることができなかったりといった事情がある学生も多く、それがブラックアルバイトが蔓延する原因ともなっているのです。

ブラックアルバイトに遭遇してしまったら

もし働き始めた職場がブラックアルバイトだったら、いったいどうすれば良いのでしょうか。もし辞めることができる環境ならそれが一番です。しかし、それができない、どうしても気が引けてしまうという場合もあるでしょう。そのときは、外部へ訴えかけるというのもひとつの手段です。
訴える先としては、労働基準監督署や労働組合などがあります。アルバイトといえど労働の一種であることに違いはありません。こういった機関に相談することができます。労働基準監督署の場合、「いつどこでどんなことが行われたか」といった労働環境が悪質であるという証拠がそろっていて、かつ緊急性が高い案件だと判断されれば、動いてもらうことができます。

学生も相談できる『全国労働基準監督署の所在案内』
全国労働基準監督署の所在案内

アルバイトでも相談できる労働組合

労働組合もまた、正社員ではなくても相談可能な頼りになる機関です。個人でも参加することのできる合同労働組合(ユニオン)というものが各地に存在しているため、そちらを利用しましょう。ブラックアルバイトに関しては、ブラックバイトユニオンというものがあります。労働基準監督署の場合と同様に、証拠を集めて相談してみましょう。

学生も相談できる『ブラックバイトユニオン』
ブラックバイトユニオン
ブラックアルバイトの相談先

アルバイト初心者は読んでおこう

冬休みには”旅館”で観光気分
冬休みには”旅館”で観光気分

温泉に入り、時には観光もできて楽しく仕事をできるのが温泉旅館でのアルバイトです。冬休みのアルバイトにはおすすめです。

経営者目線が身につく”コンビニ”
経営者目線が身につく”コンビニ”

コンビニアルバイトのメリットは経営者の視点が身につくこと。商品管理をしたり店長と接する中で色々な学びがあるはずです。

ブラックアルバイトの相談先
ブラックアルバイトの相談先

学生なのにアルバイト優先を求められる、そんなブラックアルバイトに出会ってしまったときの対処法を知っておきましょう。

希望の条件で探せる求人サイト
希望の条件で探せる求人サイト

学生がアルバイトを探すのなら求人サイトが一番おすすめです。自分の希望する条件で効率よく探すことができます。

夏休みは”海の家”で思い出作り
夏休みは”海の家”で思い出作り

夏の思い出づくりとお金稼ぎを同時に行えてしまうのが海の家でのアルバイトです。色々な人との出会いを経験できますよ!

出会いが沢山の”居酒屋”
出会いが沢山の”居酒屋”

居酒屋アルバイトは、アルバイト同士が仲良くなりやすく色々なお客さんと出会うことができるため恋がしたい人にもおすすめです。